2008年06月19日

"パクジョンチョル印のホームラン一発、打ちます。"

MBC「私の女」で財閥界の異端児チャンテソン役…"俳優が天職…多様なスペクトラム見せたい"

hyunyoung200806181957100.jpg俳優パクジョンチョルが財閥界の‘異端児’で帰って来る。
パクジョンチョルは7月頃、MBC週末特別企画「私の女」(シナリオ/イヒウ・チェソンシル・演出/イグァニ)で、‘韓国のオナシス’を夢見るエリート船舶ブローカー、チャンテソンを演じる。劇中、富力・能力・ルックス三拍子を全て取り揃えたパクジョンチョルは、家業を受け継ぐ代わりに、彼なりの事業手段を繰り広げ、後日、造船業界の大物に上がる立志伝的人物を演じる。皆が‘イエス’だと言っても、一人だけ‘ノー’を叫んで一筋の道を行く異端児的なキャラクターを見せるようになる。

パクジョンチョルは「勝手気ままな性格がたくさん見えるが、あまり負担ではないように表現しようと思う。誰の意にも従わず、信念ある行動力が素敵なキャラクターだ。まるで私が30代をどうやって生きて行くかの方向を提示するようだ。仕事では進取的だが、愛ではどんなカリスマを見せるか、私も知りたい。」と説明した。

パクジョンチョルは「私の女」まで1年 4ヶ月の間、一時も休まないで駆けて来た。「青い魚」「正祖暗殺ミステリー 8日」「銭の戦争-The original」など、演技のハンドルを置かずに疾走した。作品に対する痛みも喜びも大きかった。早期終映した「青い魚」は 3年4ヶ月ぶりに軍除隊後、芸能活動にカムバックする作品だったので衝撃が大きかった。以後、ケーブルドラマに相次いで出演すると、或者たちは‘軍隊に行って来た後、滞る’という表現で憂慮を現わし、彼の傷を更に抉った。

パクジョンチョルは「熱心に働いたが、ただ一つの作品で煩かった。それによって20代の自分を反省する時間になった。以後に引き受けた"銭の戦争"は、それでより大きい勉強になった。それまでして来た役と反対でメロでもなく、男性美溢れる新しいイメージをお見せ出来ようだ。4年程休んで出て行くと、放送界の雰囲気がとても変わったことを感じた。固定したイメージを再度繰り返すのではなく、俳優に多くの道が開かれたような感じだ。」と話した。

パクジョンチョルは1999年にデビューして、もう12年目に入った芸能界の腰だ。 専ら俳優を天職と考えているのが自ら感心すると言う。芸能界で20代を送り、30代に入ったこの頃、本当にプロになって行く感じだ. 彼は「ゲームはこれからだ。大衆から正しくなされた評価を受けたい。単純に年齢に合う役ではなく、多様なスペクトラムを見せることが出来る俳優になりたい。そのスタートを切る"私の女"がとても重要だ。」と話した。

イヒョナ記者 lalala@sportshankook.co.kr
写真=イチュングン記者 bestime@sportshankook.co.kr

[スポーツ韓国]2008/06/19 13:09:38

posted by rika1999 at 21:43| ■MBC週末劇「私の女」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

パクジョンチョル「‘青い魚’の失敗、とても大きい波にのまれたような気分」

200806090828082100_13522.jpg
何と言おうか。入山修行でもして来た人のような感じだと言うか。モジャモジャとした髭に、鋭くなった目つき、固くつぐんだ唇のパクジョンチョル(32)に再会した時に受けた初めての感じだった。

再び帰って来たという表現が似合うほどに、その間パクジョンチョルは演技の道を磨いた。軍除隊後の復帰作として既にSBSドラマ「青い魚」をしたパクジョンチョルに、何か新しい復帰が再び必要だったろうか。コソヨンと相棒を成した「青い魚」の失敗から話を始めざるを得なかった。

パクジョンチョルは最近、OSENとのインタビューで「青い魚」が上手く解かれなかった時の心境を"私の背丈の数十倍を越える波が襲って来たような感じ”と言った。

「配役に対して、どんな線も置いてはいけなかった。あらかじめ‘自分のキャラクターはこんな感じ’ という線を引いておけば、自ら落とし穴に陥ってしまう。最近、‘銭の戦争’をして悟った。 キャラクターが生気を忘れてしまう。」と原因を分析したパクジョンチョルは「‘青い魚’は早く復帰しなければならないという強迫観念があったようだ。そうしてみると、既存のキャラクターを繰り返す水準に止まってしまった。」と話した。

「青い魚」での挫折以後、パクジョンチョルは内なる力量を先に育てなければならないという決心をするようになる。したことのないキャラクターに視線が向いたし、演劇やミュージカルにも関心を持った。 そうして新鮮な世の中を味わうようになる。 チャンネルCGVで放送された「正祖暗殺ミステリー-8日」とtvNドラマ「銭の戦争-THE ORIGINAL」だ。

パクジョンチョルは「ちょうど史劇をしたかったところに"8日"のチョンヤギョン役が入って来た。 ケーブルTVという事実に躊躇うことはあったが、私の興味ばかりを問い詰めないことにした。続く"銭の戦争"では、表現の自由を満喫することが出来て本当に良かった。思いきり演技が出来たし、パクジョンチョルがこんなことも出来るな、という自信感を得た。」と話した。

「銭の戦争」でパクジョンチョルが得たのは男性美だ。これまでの作品でパクジョンチョルが引き受けたキャラクターが典型的なメロ的人物だったとすれば、「銭の戦争」で初めて男性美を見つけたと言えばいいか。「ふてぶてしくて魅力的なキャラクターだった。男らしさが溢れているのが一番良かった。多様な性格を経験することが出来るきっかけだった。」とパクジョンチョルは言った。

「銭の戦争」に臨む態度も少し特別だった。パクジョンチョルの右手薬指には、まだ爪に真っ黒いアザが出来ている。骨を惜しまないで荒い人物を作って行った。争って走って投げて…。これまでのソフトなだけなパクジョンチョルはもう忘れてくれとでも言うように。

MBCドラマ「私の女」の選択は、もしかしたらそのように運命のようにやって来たことなのかも知れない。コジュウォン・パクソルミ・チェヨジン・チュサンミらと共に「私の女」にキャスティングになり、「甘い人生」後続で視聴者たちを訪ねる。

このドラマの主題は‘野望’だ。1980年代に人気ドラマだった「終点」からモチーフを取り、現代的に再構成したドラマが「私の女」である。野望に満ちた若者達が、夢と欲心を満たして行く基盤は最近の大韓民国輸出の親孝行産業である造船所から取った。

「終点」でパククニョンが演じた人物がまさに、パクジョンチョルが引き受けたチャンテソンという人物だ。財閥家の子孫ではあるが、絶対に無駄な小遣いは与えなかった父親の下で、野望に対する動物的感覚の訓練を受けて育った。

パクジョンチョルは「単純な善悪構図ではない。父親の会社にスカウトされて入り、年俸交渉も粘っこくする自尊心の強い人物だ。もう三十二歳の年、成熟した演技を立証する機会だと思う。」と覚悟を明らかにした。

そして「来年には必ず一度、ミュージカルもしてみたい。」と言う個人的な計画も語った。

カンヒス記者100c@osen.co.kr
<写真> キムヨンミン記者 ajyoung@osen.co.kr

OSEN]2008.06.09 08:30
posted by rika1999 at 22:06| ■MBC週末劇「私の女」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。