2008年10月03日

[インタビュー]「私の女」パクジョンチョル、“もう演技の楽しさが分かった”

2008100108004844575_1.jpg
‘一度さされば、絶対諦めない。しかし、自分のことでなければ欲しがらない。’

MBC-TV週末特別企画「私の女」の冷血なチャンテソンの鉄則だ。愛する女を我が物にする為、他の男の女を奪い、成功に対する欲望で一杯なチャンテソンの生を生きて行っているタレント、パクジョンチョル(32)を、去る29日、MBCの汝矣島セット場で会った。

チャンテソン、私が見ても魅力的な男

チャンテソンで生きて行くこの頃の気持ちはどうか?
▲ 撮影がギリギリで、シナリオを覚えるのに気が気でないが、チャンテソンで生きて行くこの頃が幸せだ。チャンテソンの魅力にますます落ち込んで演じているようだ。本当に魅力あるキャラクターだ。

どんな点が魅力的なのか?
▲ 一応、熱情的な人という点が気に入っている。一つに狂うと、それだけ見て駆け付ける推進力や成就欲が、男が見ても魅力的だ。特にオールインしていながらも、自分の物ではないと判断すれば、諦めることが出来るのも一つの魅力だと思う。チャンテソンを一言で表現しようとすれば、‘自由人’という言葉が適当であるようだ。

実際のパクジョンチョルは?計算された恋愛は出来ない

実際のパクジョンチョルとチャンテソンの似ている点があれば?
▲ 似ている部分はあまりない。だからより一層魅力を感じるようだ。チャンテソンはとても強い人物として描かれるが、実際の私はそんなに強い人ではない。また、ドラマでチャンテソンは妬みが余程多い男だが、実際の私はあまり妬みがない。

チャンテソンのように計算された恋愛をしてみたことがあるか?
▲ 計算された恋愛をする為には知能的でなければならないようだ。しかし、私は計算された恋愛は出来ないようだ。あまり知能的でないだけでなく、そのような恋愛はあまりしたくない。feelingが通じて、お互いに対話が通じれば良いと思う。

軍隊に行く前、演技が何なのかよく分からなかった

除隊した後、空白期に対する負担なかったか?
▲ 率直に言えば、負担が大きかった。そして、以前に比べて人気もたくさん落ちた。初めはそれをとても悩み苦しんだ。内心、‘私も以前は上手く行っている俳優だったのに’と思ったこともある。しかし、今はそんなことに未練がましがらない。もっと大きいことを悟ったからだ。

もっと大きいこととは何か?
▲ 演技に対する考えがとても変わった。実は、軍隊に行く前は演技が何なのかよく分からなかった。もっと率直に言うと、以前は漠然と ‘演技がしたい’‘スターになりたい’と思っていたような気がする。芸能人に対する幻想が少し大きかったようだ。人気に対する慢心もあったし。しかし、軍生活をしているうちに、考えがとても変わった。

視聴率?演技?二つの中で一つさえ補償を受ければ大丈夫

視聴率が思ったより出ずに悩み苦しまないか?
▲ 以前だったら、視聴率で一喜一憂しただろうが、今は大いに大丈夫になった。それも一つの変化と言える。俳優は視聴率と演技の二つの中で一つだけ補償を受ければ成功だと思う。視聴率がちゃんと出れば、勿論申し分なく良いが、今の私は演技で補償を受けているようだ。演技力の幅を広げたことに満足している。

これからの「私の女」の観戦ポイントをあらかじめ知らせるなら?
▲ これからはキャラクターと状況の中の葛藤要素が本格的に発火される時点だ。別の見方をすれば、混合複式の形態に似た復讐劇のようだ。新しいSP造船所に移り、夢を追うコジュウォンと彼を後援するチュサンミが一チームで、トンジン造船の父親から独立して造船業に駆け上がり、チャンテソンと彼にオールインしたパクソルミが一チームを成した。結論的には私たちが守勢に追い込まれるが、どんな方式に展開されるかは私もよく分からない。一緒に楽しみながら見れると良いと思う。

限界を飛び越えること、結局は自分自身との闘い

次に挑戦したい役は?
▲ 「私の女」では冷徹な事業家役を引き受けたから、次にはちょっと違う役を引き受けたい。これまでとても都市的で粹な役ばかりして来たようだ。底の世界を経験する‘チンピラ’や‘遊び人’のような役に挑戦してみたい。パクジョンチョルという俳優が持った、また別の可能性をお見せしたいというのが、私の小さな欲心だ。

また他の夢があれば?
▲ 将来、後輩演技者を養成する教授になりたい。今は忙しいスケジュールで大学院を暫く休んでいるが、学業もずっと並行して行く予定だ。ますます演技に対する欲心が生ずる。 やっと‘俳優は演技が上手でなければ長く愛されることは出来ない’という言葉に心深く共感している。今は演技的に私の限界を壊すことが優先だ。俳優パクジョンチョルが自らの限界を越えて、少しずつ成長する姿を見守って下さったら良いと思う。

キムミンジョン記者ricky337@osen.co.kr

[OSEN]2008-10-01 08:00:48
posted by rika1999 at 17:26| ■MBC週末劇「私の女」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。