2008年10月21日

「私の女」、コジュウォン-パクジョンチョルの再発見...視聴者 "宝を見つけた"

PP08101900001.jpgコジュウォンとパクジョンチョルがMBCの週末特別企画ドラマ「私の女」を通じて視聴者たちから‘再発見’という評価を導き出している。

「私の女」は韓国が世界1位の造船業界を背景に、若者達の熾烈な仕事と愛を描いたドラマだ。

このドラマでコジュウォンは生真面目な位に善良な、船だけ追い求める船舶設計士キムヒョンミン役、パクジョンチョルはトンジングループ会長の息子で、トンジン造船を導くチャンテソン役をそれぞれ引き受けている。劇中、チャンテソンとキムヒョンミンは、当初は職場の上司と部下職員の関係だったが、キムヒョンミンは長年の恋人ユンセラ(パクソルミ)がチャンテソンと結婚、会社からも見代わりになって危機に追われるも、造船業に野心を持ってSP造船を設立した財力家ホンミネ(チュサンミ)に出会って再起する。

18日放送された「私の女」18回では、ワールド海運の船舶受注をおいて、チャンテソンが妹チャンテヒ(チェヨジン)を送ったトンジン造船と、キムヒョンミンが出たSP造船が競争する内容が放映された。受注の為にチャンテソンは父親のチャンジュンハン会長と、キムヒョンミンはホンミネとそれぞれ協議する場面が緊張感を加えた。

これに対してある視聴者は「‘私の女’を通じてコジュウォンとパクジョンチョルを今更ながら再び見るようになった。セラの言葉のように、宝たちを今や知るようになった。」「二人の骨髓ファンになってずっと見守って応援する。」と書いた。

また、コジュウォンに対して「役に溶け込んで行くようだ。洋服がどうしてこれ程までによく似合うのか、本当に船を作る人のような雰囲気だ。」という褒め言葉と共に「テソンを痛くしないでくれ。」というパクジョンチョルに対する応援メッセージも上って来ている。

キムウング記者

[spn.edaily]2008-10-19 09:47:09
posted by rika1999 at 23:01| ■MBC週末劇「私の女」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。